消す色、足す色を使い分けるメイク方法

"顔を美しく見せるためにメイクをしようと思った時に考えなければならないことは、二つあると思います。

ひとつは、今あるコンプレックスをどうやってカバーするか?ということ、もうひとつは、今ある自分の魅力をどうやってさらに引き出すか?ということです。

私の場合、それらをクリアーするために、消す色と足す色の使い分けを行うようにしています。

例えば、具体的には、ニキビ跡や頬の赤みを抑える(消す)のには、グリーンのベースカラーコントローラーを使っています。

緑の色彩を視覚的に感じさせないくらいの量をうっすらと肌に馴染ませるだけで、透明感ある肌色に仕上がるのです。

また、もともとある目鼻立ちや彫りの深さを部分的に強調しようとする場合は、ハイライトやシャドーカラーを足すことによって、陰影を深めるようにしています。

こちらは、ファンデーションよりも一段トーンを落としたオークルや、真っ白なパウダーを使っているのですが、これらの”足す色”も、”消す色”と同様、材料の色彩そのものを視覚的に感じさせないくらいの量をうっすらと使うようにしています。

目鼻立ちが派手だといわれる私のメイクは、これで9割以上完成です。

あとは、ナチュラルな色のリップを塗るだけです。"

sample

全額返金保障つき!自然な二重まぶたを手に入れる方法について詳しくはコチラ

関連エントリー


一重まぶたの悩み

プチ整形手術方法

プチ整形の不安を解消

アイメイクについて

カラーコンタクトガイド

美容健康情報

リンク集

サイト情報

サイト情報・リンクについて

Copyright © 2007 二重まぶたのプチ整形手術はもう古い!?. All rights reserved